日産自動車「CUBE」のスクリーンセーバーです。
CUBEのプロモーションとして、デジタルインセンティブとして配布されました。
スクリーンセーバーをネットに繋げ、同時刻にスクリーンセーバーを起動している人数が表示するようにし、
共有感を感じてもらい、長期的に利用してもらえるスクリーンセーバーにしました。
当時のスクリーンセーバーとしては、業界初の試みを行いました。