日産自動車「CUBE」のスクリーンセーバーです。CUBEのWEBプロモーションとして配布されました。ピクルスは、企画、ディレクション、デザイン、制作を担当いたしました。スクリーンセーバーをネットに繋げ、同時刻にスクリーンセーバーを起動している人数が表示される仕掛けを組み込み、共有感を感じてもらうことで長期的に利用してもらえるスクリーンセーバーにしました。この施策は、当時のスクリーンセーバーとしては世界初の試みでした。
以下のポイントにより、マーケティング効果が高い施策となっております。

  • 「ファン同士のつながりが継続性を発揮する」という仕組みをマーケティングで利用
  • ローカルで利用するものと思われたスクリーンセーバーというツールをオンライン化