menu

ミッションとビジョン

目指していること

わたしたちは、コミュニケーションデザインのプロとして、組織・自己の価値を高め、お客様や社会に提供していきます。そのために心がけている「ミッション」と「ビジョン」そして「マインド」は以下の通りです。

  • ミッション

    素晴らしいマーケティング成果で、お客様のブランド価値を高める。

    私たちは、WebプロモーションとWeb制作に特化した「マーケティング支援」のプロフェッショナル集団です。
    企画・制作・運営がワンストップとなった体制で、素早く、高品質なアウトプットをお客様に提供します。
    それを実現するためにはマーケティングに関わる1人1人が「自分自身の価値を高める」事が重要です。
    「やれる領域を増やす」とともに「アウトプットの質を高める」を実現するために、私達は日々少しずつの改善を続けます。

  • ビジョン

    マーケティング活動を、すべての人が簡単に。

    私達はマーケティング活動が、企業だけではなくすべての人を幸せに、そして豊かにすると確信しています。
    第三者に、自己の価値を伝え提供することは、マーケティング活動そのものです。
    マーケティングスキルを高めることによって、コミュニケーションの質は向上し、人々は幸せに、そして世界ももっと豊かになります。
    私達は、その世界を豊かにする1人になるために行動します。

  • 強み

    コミュニケーション設計と技術力。

    私達は6つに大別したコミュニケーション、それぞれに対する適切な「コミュニケーション設計」を元に行動します。
    良質な「コミュニケーション設計」は、個、企業、社会など、すべての価値を向上し、良好な関係へと導くことが可能です。
    そして、経験と共にその「仕組み」はより研ぎ澄まされ、成功の確度を向上させます。
    それらを、IT、Web、ソフトウェアなどの「デジタルテクノロジー」と組み合わせ「新たな価値」を創るために必要な高度な技術力。
    これら「2つの組み合わせ」が私達の強みになります。

  • マインド

    3つの行動指針ワード

    私達は、行動指針ワードを元に適切な判断・行動を行います。

    • 「積極的」に与える。

      常に「積極的に与える(Give)」気持ちで取り組みましょう。
      「Give & Take(ギブアンドテイク)」という言葉は「得るために与える」という意味ではありません。
      「与えると、得ることができる」という意味です。
      相手が望んでいることを想像し、自ら進んで適切な「Give」をすることができれば「Take」は自分に必ず返ってきます。
      自分の持っている情報、知識、経験は仲間たちだけではなくお客様にも積極的に伝えます。

    • 「肯定的」にまず考える。

      「できる」「やれる」から考え始めることを始めてますか?
      事象を「素直」に受け入れ、「実現方法」から考えることで、素晴らしい成果は生み出されます。
      「できない理由」を考えるのではなく、状況を理解し、すぐに行動し、「する方法」を考えることに時間と頭を使うのが大事です。
      その結果たとえ失敗しても大丈夫です。その失敗は必ず次の成功の為の糧になります。
      常識、既成の価値観、思い込みは「成功例」だけ参考に。
      前に進むために時間を使いましょう。

    • 「柔軟」な発想を生み出す癖をつける。

      「こうやったら可能になる」「この組み合わせをすると効果が高まる」
      同じ業務を行う際にも、これらの視点を常に持つことで、立体的な発想が可能になります。
      今までずっとやってきた「やり方」でも、もっと効率が良かったり、もっと良い結果を生む場合には恐れずに「変化」することを選択しましょう。
      「無理だ!」と思った場合にも「そのやり方では無理だ」に切り替えるだけで、「じゃあどうするか」へ気持ちを切り替えることが出来ます。
      「変化」が「個の価値」を高め、強くします。