大塚製薬様の「ポカリスエット」のFacebook向けWEBプロモーション施策。
1日の水分摂取量や接種回数など、5つの質問に答えると、水分補給の充実レベル「IQ(Ion Quality)が測定できる診断コンテンツ。このようなコンテンツを用いたプロモーション手法は、Facebook上のプロモーション手法として注目され、様々な企業が同様のプロモーション手法を行いました。このIQチェックも第二弾が開催されました。

ピクルスは、企画、ディレクション、デザイン、コーディングを担当しました。

◆顧客の課題

目的 課題は、以下の通り。

  • ・ブランド価値の向上
  • ・販売促進

◆課題解決のためにしたこと

課題解決方法として、以下を行いました。

  • ・診断コンテンツ

    IQチェックというユーザー心理をくすぐる診断コンテンツで、流入数と参加率の確保。
    また診断コンテンツは「自己表現欲求」を「拡散力」に変換することが可能です。「診断の結果こうだった」と投稿するだけなので、心理的ハードルが下がり、結果の拡散率の増加に繋げました。

  • ・SNSキャンペーン

    Facebookページにライクをしないと体験できないコンテンツとし、更に友達で体験したユーザーも結果画面に出すことにより、ユーザー同士のライク獲得も狙い、拡散性・認知拡大へと繋げました。

  • ・UGC活用

    質問の中にフリーワードで製品の好きなポイントを記載してもらい、UGCとして活用することで、ユーザーと深いコミュニケーションが取れ、エンゲージメントの向上に繋げました。