インタラ塾 第1回「大野真吾が語る音と映像とWebの融合」

インタラ塾 第1回「大野真吾が語る音と映像とWebの融合」

概要

第1回目の月刊インタラ塾はゲストにコーネリアスのRemixサイト『Cornelius x Merce Death x polo-Really x Google Map x YouTube』を制作したMerce Death/大野真吾さんをお招きし、Webと映像についてお話ししていただきます。音楽活動も行っている大野さんは現在「World Tour」の真っ最中!webと既存メディアの、本当の意味での融合を目指している大野さんに迫り、語っていただきます。

ゲスト

intara_1st_prof_ohno

Wieden+Kennedy Tokyo
大野真吾(Merce Death)
http://www.mercedeath.com

武蔵野美術大学短期大学部グラフィックデザイン科卒業後、CM制作会社(株)TYOに入社。CM「以外」の映像全般を制作する部署に配属。数々のミュージックビデオ制作の現場を体験した後、web制作を中心とする(株)TYO-ID(旧MD部)へ。TYO-IDではディレクターとして、数々のwebサイト制作に従事する。また、交換プログラムを通じて、ロンドンのweb制作会社unit9にて3ヶ月働く。 2007年11月よりWieden + Kennedy Tokyoに参加。webと既存メディアの、本当の意味での融合を目指して日々企画企画。また、一人バンド『Merce Death』としても活動をしていて、都内を中心にGIGを行っている。
「2004年カンヌ国際広告祭銀賞」や「2005年ニューヨークフェスティバル銀賞」ほか、広告賞を多数受賞。