映画『藁の楯』のキャンペーンサイトです。
Twitterアカウントによるユーザー参加型キャンペーンです。
ユーザーは博多から東京までの1200kmを、スロット風のすごろくをまわしながら、殺人犯「キヨマル」を「移送」していきます。
期間内にキヨマルを東京まで移送できると、プレゼントへの応募権を獲得できます。
また、途中駅のチェックポイントを通過するたびにクイズが出現し、特産品の応募権も獲得することもできます。
コンテンツは、PC、スマートフォン、フィーチャーフォンの3端末に対応しています。

ピクルスでは、デザインからシステム開発、フロントエンドの実装までを担当しました。
またユーザーの応募状況の把握や不正監視用の管理画面も制作しました。