新生活にチャレンジする人を応援する写真をジェネレーターで作成し、ハッシュタグをつけてtwitterもしくはInstagramに投稿することでプレゼント応募ができるキャンペーンです。
画像のジェネレート画面では、写真を選んだ後メッセージの内容・色・大きさ・位置を自由に調整して作成することができ、シンプルで操作しやすいUIになっております。またキャンペーン実施にあたり、弊社のSNSキャンペーンツール「キャンつく」も利用しています。
体験型キャンペーンとすることで、応募投稿数は大幅に増加致しました。

ピクルスは、企画、ディレクション、デザイン・コーディングを担当いたしました。

◆顧客の課題

目的 課題は、以下の通り。

  • ・ユーザーとの深いコミュニケーション作り
  • ・ブランド価値の向上
  • ・エンゲージメントの向上

◆課題解決のためにしたこと

課題解決方法として、以下を行いました。

  • ・画像ジェネレーターとSNSキャンペーンを用いた施策

    画像作成時の長い接触時間で、深いコミュニケーションを確保。作成したものを見てもらいたいという承認欲求と、ハッシュタグをつけてtwitterもしくはInstagramに投稿が参加条件とすることで、拡散性を持たせました。

  • ・UGCの活用

    割引キャンペーンなどのような企業からの一方的な発信ではなく、ユーザー自ら制作し発信できる仕組みによって「主役はユーザー」となり、信頼・共感性の高いコンテンツとなりました。
    「ユーザーを応援する企業」というブランドコミュニケーションで、ブランド価値の向上を実現しました。

  • ・写真撮影だけでなくコピーライティングもユーザーに

    コンテンツを作りあげる事で、自らが企業の一員であるような感覚も作り出し、その深いコミュニケーションによってエンゲージメントを高めました。

  • ・社内への啓蒙活動としての活用

    ユーザー施策として終わらせるのでは無く、応募された投稿画像はデジタルサイネージで社内食堂にも掲示されました。