松下電器産業の「パナソニック株式会社」への社名変更に伴うブランド統一の認知を目的としたブランドサイトです。ピクルスでは、企画、ディレクション、デザイン、実装を担当いたしました。公開当初は新商品発表会前ということもあり、人物や製品はすべてシルエットで表現しました。新しい製品に対するユーザーの想像力をかきたて、商品発表会をより楽しみに待っていただけるようにしています。統一ブランドへ移行後は、白物家電を中心にユーザーにとって心地よい空気感を作ることを心がけ、長時間見ていても飽きない心地よさを表現しました。
以下のポイントにより、マーケティング効果が高い施策となっております。

  • 1度のサイト体験で、新しく統一されたブランドイメージの認知が確実になる演出プラン
  • モーションアートと製品特徴を組み合わせることで、パナソニック製品の美しさを表現
  • ティザーサイトもリッチサイトとし、発表までの話題喚起を実現