松下電器産業株式会社の「パナソニック株式会社」への社名変更に伴うブランド統一の認知を目的としたブランディングサイトです。

ピクルスでは、企画提案からデザイン、実装までをお手伝いさせていただきました。

公開当初は新商品発表会前ということもあり、人物や製品はすべてシルエットで表現。
新しい製品に対するユーザーの想像力をかきたて、商品発表会をより楽しみに待っていただけるようにしています。
白物家電は、日常的、長期的に接することの多い製品なので、ユーザーにとって心地よい空気感を作ることを心がけ、長時間見ていても飽きない心地よさを表現しています。

全4製品分のシーンを組み合わせてストーリーを構成、各シーンで、大胆なFlashのエフェクトを利用しています。

Creative Supervisor:山内俊明(松下電器)、染谷恭子(博報堂) / Planner:大木秀晃(博報堂) / Produce:西剛希(東北新社)、服部佑子(東北新社)、松岡芳弘(東北新社) / Project management:山下美緒(ピクルス) / ArtDirection + Design + Direction:鹿倉公維(ピクルス) / Photograph:馬場道浩(馬場写真事務所)、矢島紀明(ARROW GRAPHIX) / Copy writing:山内登(博報堂アーキテクト) / Technical Direction + Flash Develop:茅原伸幸、熊崎理恵 (メディア・パルサー) / Sound:加藤朋志(SPACE39℃) / Movie Direction:田中司(東北新社) / ArtDirection + Design:タナカミノル(ピクルス) / Technical direction + Flash:原央樹 (ツムジテクノロジー)、荻原貴明(のんびりデザイン) / Sound:TommyTommy(うりんぼ)、鈴木隆弘